HOME
0
カタログ
ピックアップ
ショップ
ショップブログ
カート
ACCOUNT
PRODUCTS
カタログ
ピックアップ
SHOP
BLOG
GUIDE

ライクセンリング工房のクリスマス

Leichsenring(ライクセンリング)工房は既に現在6代目、100年以上も家族経営で伝統を守り続けている工房です。

1代目はエルツ山脈に錫のハンターとして1815年やって来て以来、その息子(1796-1852)が木工ロクロの仕事を始め、

3代目のエミル(1889-1951)が当時の自動車産業の繁栄に触発され、あらゆる種類の加賀田自動車のミニチュアを正確に製造し貿易も開始。

4代目のエリック(1904-1985)は玩具専門学校で学び、比喩的なデザインを生産に取り入れ始め、ライクセンリングのロゴマーク(上の画像)となっているリングを持つ小人たちを1931年に作成しました。1935年にロクロ職人としてマスターの試験に合格した最初のザイフェン出身の一人とのことです。今も続いているイースターバニー生産もこの頃に始まりました。戦争勃発後、1940年にロシアに捕虜となり8年後の帰国まで工房は休止状態でした。

その後、精力的に生産を始め、クリスマスマーケット、森の人々、などのミニチュアフィギュアの新しいパターンが登場。そしてあの「フラワーマーケット」もこの「メッテンガンガー」シリーズは当時から最も成功したデザインとなりました。

1974年に5代目となるギュンター氏(1931-2018)が工房を引き継ぎました。1945〜1948年まで玩具専門学校で学び、1952年にマスター職人の試験に合格し、1978年に教師としての仕事もあきらめて立派な玩具メーカーに。

そしてギュンター氏の娘さんのGittaさんが1995年にお父様から引き継ぎ、暫くはお2人で。彼女も1988年に玩具専門学校で職人技師試験に合格し、父娘で2000年にこの「メッテンガンガー」で「伝統的な形」の賞を受賞しました。

彼女はたった現在2人の従業員と一緒に「手仕事が特徴の先祖が作り上げた伝統を引き継ぎながらも創造的であること」が工芸を続ける方法である、、、と。

Leichsenringのホームページと「Vom Spielzeugmacher sum Kunsthandwerker」から参照させていただきました。 2009年と2016年にこちらの工房を訪れた時の画像をご紹介します。 2009年には何もわかっていない状態でした。工房の名前すら、、、

ぎっしりと並んだ製作途中のパーツとそれを黙々と塗る職人さんに思わず、シャッタオー切った感じです。

外観

   

ショーケースには

丁寧に、きっちりと。。。。(2009年)