カート
ACCOUNT
PRODUCTS
カタログ
SHOP
BLOG
GUIDE
おもちゃの原点のようなロッキングホース
軽騎兵 「ザイフェンライダー」 12H
7,700円(税込)
購入数

025/004S
軽騎兵 「ザイフェンライダー」 12H
7,700円(税込)
シュピールワーレン グンター工房のライダーです。

子供のおもちゃの類として作り始められたロッキングホースですね。
エルツ地方のおもちゃの産地では小さなライダーをロゴとして使用してる街がありますね。
なので今も作っている工房さんがSpielwarenという名前のつくグンター工房さんなのでしょうか。

長い歴史のあるザイフェンライダーと名付けられた”Little Rider“
Leicsenring工房の現在のオーナーの父ギュンターさんのデザインだそうです。(1960年)
残念ながら、Leichsenring工房では現在はこちらの小さいサイズのライダーは製作されてなくて
大きいサイズのみ作られています。

ルフトハンザ航空がクリスマスのフライトのお客さまへのプレゼントとして
限定で製作をザイフェンに依頼して、作られたこともありました。
多数の注文にLeichsenring工房と他にGunter Spielwarenと、あと一社も同じデザインを制作して3つの工房で共同してルフトハンザに納めたことがあったようです。

ドイツの航空会社のクリスマスプレゼントとして広いドイツからザイフェンのアイテムが選ばれたこともとても嬉しいですね。

昔ながらの製法を頑固なまでに変えないで
今もGunther Spielwaren工房が作り続けておられます。

サイズ: 10W x 3D x 17cmH


“Vom Spielzeugmacher zum Kunsthandwerker:“From toy maker to artisan” ”より
「1930年代にGuenter氏のお父さんによって設計され、後にOlberhau(地名)のライダーとなった小さな作品と類似している作品として1965年に白と緑と毛皮でトリミングをしサイズも少し大きめに作りました。
1980年に現在のChemniz(地名)のホテルからエルツ地方の民芸品をデザインするように依頼があり、このライダーを2倍のサイズ(20cm)に拡大して3列に並べました。
このライダーは個人やディーラーから非常に好評でそのご1,000ピースのコピーを作成しました。さらにナチュラルな色の小さなライダーも作りバリエーションが提供され、長年に亘り、人気があります。ベルリンの壁崩以来、少量しか生産されていません。」


そして

Expertic (海外輸出用)カタログに掲載されているページです。左がGuenter氏、有名な花のボールを、右がお父様のErich氏、ライダーを製作中。
ライダーの説明にはErich氏のお父様のEmil氏の名前が。。。


ドイツ シュピールワーレン グンター工房

この商品を購入する