カート
ACCOUNT
PRODUCTS
カタログ
ピックアップ
SHOP
BLOG
GUIDE
なんて素敵な細工が。。。
お香人形 K. Merten「アーチ鋳造師」
21,000円(税抜)
購入数

146/198
お香人形 K. Merten「アーチ鋳造師」
21,000円(税抜)
錫鋳造の職人さん
鉱山業のシンボルマークの
ボビンレースを編む女性、おもちゃ職人、そら飛ぶ天使、吊り燭台、煙出し人形、そして晴れ着の炭鉱夫さんが詰め込まれたシュヴイッブボーゲンの鋳型です。
色はついていないですが、とても美しいアーチです。



その作品を持ってる姿はなんか、自慢げなお顔に見えてしまいます。

エプロンは裏革(化学繊維)で、独特な帽子も少しはすに被っています。
もちろん花のモチーフのパイプをくわえて。。。。
ひもの編み上げのトップの素敵です。

ちなみに
ザイフェンのあるエルツ山地では銀、銅、鉛、そして錫などの鉱脈が発見され、採掘が盛んだった頃がありました。12〜18世紀の頃。
ザイフェンでは13世紀に錫が川で見つかったそうで、錫の鋳造所もたくさんあったのでしょうね。
今も錫の工房はいくつかありますね。


19世紀から20世紀に腕は足先はライ麦粉、おがくず、膠で作った粘土製だった「元祖煙出人形」を復活させたクラウスメルテン工房の逸品です。

1985年にクラウスメルテン氏によって設立されました。当時は手間のかかる粘土の腕の煙出し人形を作っていましたが、現在は木製となっています。2000年から息子さんのマティアス氏に引き継がれ今に至っています。粘土製を再度作るように今、計画されていると伺っています。
煙出人形は村の生活、炭鉱夫さん、ガラスメーカーさんなどから始まり、
ほぼすべての職業、例えば煙突掃除人、行商人などなど、続いています。
「地の木材の菩提樹、メープル、バーチ、ブナなどを使い歴史的なデザインで一目で
工房がわかるように加工することが小さな芸術だ!と。(なので、お顔が印象的なのでしょうか?)
生きている原材料の木は加工をされて小さな芸術作品となり、各お宅に木材の情熱をもたらします!」
HPに記されています。

サイズ:21.5 H
ベースのサイズ:直径5.5僉1.2H

ドイツ クラウスメルテン 工房 
この商品を購入する